超高輝度レーザーライン墨出器【墨出し】【測量】【建築】,花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , 計測工具 , レーザー距離計,mauiyogawithcarmen.com,/footpath236351.html,15711円,コンパクトレーザー墨出器P-410EX 超高輝度レーザーライン墨出器【墨出し】【測量】【建築】,花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , 計測工具 , レーザー距離計,mauiyogawithcarmen.com,/footpath236351.html,15711円,コンパクトレーザー墨出器P-410EX 超高輝度レーザーライン墨出器 墨出し 測量 建築 正規激安 コンパクトレーザー墨出器P-410EX 15711円 超高輝度レーザーライン墨出器【墨出し】【測量】【建築】 コンパクトレーザー墨出器P-410EX 花・ガーデン・DIY DIY・工具 計測工具 レーザー距離計 15711円 超高輝度レーザーライン墨出器【墨出し】【測量】【建築】 コンパクトレーザー墨出器P-410EX 花・ガーデン・DIY DIY・工具 計測工具 レーザー距離計 超高輝度レーザーライン墨出器 墨出し 測量 建築 正規激安 コンパクトレーザー墨出器P-410EX

超高輝度レーザーライン墨出器 墨出し 測量 建築 正規激安 【SALE/37%OFF】 コンパクトレーザー墨出器P-410EX

超高輝度レーザーライン墨出器【墨出し】【測量】【建築】 コンパクトレーザー墨出器P-410EX

15711円

超高輝度レーザーライン墨出器【墨出し】【測量】【建築】 コンパクトレーザー墨出器P-410EX





商品名
コンパクトレーザー墨出器
P-410EX
仕様
光源 可視光半導体レーザー
波長 635nm(ライン)、650nm(地墨点)
線幅 1.5mm以下 / 5m
レーザークラス クラス2M
水平ライン広がり角 約110°
垂直・大短ライン広がり角 90°以上
地墨スポット径 約φ1.5mm/1m
水平・垂直ライン精度 ±1mm/7m
天頂クロス精度 ±1mm/5m
地墨点精度 ±1mm/1m
直角精度 ±1mm/3m
気泡管精度 60'/2mm
支持方式 X・Yジンバル機構
制動方式 磁気ブレーキ式
自動補正範囲 ±2.1°以上
回転機構 ±360°(回転微動ツマミ)
使用距離 約10m(光器使用時約20m)
使用温度 -10°~40°
防塵・防滴性能 保護等級IP54(電池BOXは除く)
電源 単3アルカリ乾電池3本
電池寿命(フルライン) 約3.5時間
サイズ/重量 約110×115×165mm/約900g
特徴
●超高輝度レーザーライン(明るさ2倍超:メーカー比)
●クラス最高の明るさ(クラス2M)
●受光器対応(ラインの見えにくい環境でも使用可能)※受光器別売
●防塵・防滴IP54(電池BOXを除く)
●高輝度X・Yジンバル機構
●軽量コンパクトボディ
セット内容
●本体
●専用ケース
●アルカリ乾電池
●脚用保護キャップ
●取扱説明書
●保証書
注意点
※検査成績書は全機種発行することができますが、レーザー墨出し器は鉛直ラインの基準を証明することができないため、校正証明書の発行はしていません。

超高輝度レーザーライン墨出器【墨出し】【測量】【建築】 コンパクトレーザー墨出器P-410EX

Latest News新着情報

    お知らせ

    Beyond 5G研究開発促進事業における知財化・標準化アドバイザーの募集

    2021年12月24日

    国立研究開発法人情報通信研究機構は、Beyond 5G研究開発促進事業で採択された研究開発を実施する民間企業や大学関係者に対し、知財・標準化に関する高度な専門知識を用いて、必要な助言やサポートを行う「知財化アドバイザー」及び「標準化アドバイザー」を募集します。

    続きを読む
    お知らせ

    「多言語音声翻訳ハッカソン」の結果報告

    2021年12月17日

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)は、「けいはんなR&Dフェア2021」(11月11日(木)~13日(土)開催)の併設イベント及び高度言語情報融合フォーラム(ALAGIN)のイベントとして、若年層に最先端の多言語音声翻訳技術に触れていただき、システムづくりを体験していただくことを目的とした「多言語音声翻訳ハッカソン」の発表会を11月13日(土)に開催しましたので、その結果をお知らせします。

    続きを読む
    お知らせ

    高度通信・放送研究開発委託研究に係る令和3年度新規委託研究の公募の結果

    2021年12月13日

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)は、高度通信・放送研究開発委託研究における令和3年度から新たに研究開発を開始する1課題について、学識経験者で構成される評価委員会での評価等を踏まえ、採択しました。

    続きを読む
    お知らせ

    宇宙の電磁波が地上に伝わる“通り道”を可視化することに成功!

    2021年12月8日

    金沢大学、名古屋大学、コロラド大学、ミネソタ大学、JAXA宇宙科学研究所、東北大学、京都大学、九州工業大学、ロスアラモス国立研究所、ニューハンプシャー大学、情報通信研究機構、国立極地研究所、アルバータ大学などの国際共同研究グループは、複数の科学衛星で同時計測された電磁波とプラズマ粒子データなどを用いて、宇宙の電磁波が発生する領域を明らかにしたとともに、目には見えない“電磁波の通り道”の存在を世界で初めて突き止め、電磁波が地上へと伝わる仕組みを解明しました。

    続きを読む
    イベント

    高信頼・高可塑Beyond 5G/IoTテストベッドシンポジウム

    2021年12月8日
    ~Beyond 5G研究開発・実証の促進に向けたキックオフ~

    Beyond 5Gの実現に向け、高い信頼性と可塑性を確保するテストベッドの構築及び本テストベッドを活用した産学官の連携によるBeyond 5Gに関する研究開発・実証の促進を目的にシンポジウムを開催します。

    続きを読む
    プレスリリース

    生活環境における携帯電話基地局等の電波強度を明らかに

    2021年12月7日
    〜我が国で初めて電波ばく露レベルの大規模・長期測定を実施〜

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)は、市街地、郊外及び地下街の携帯電話基地局等からの電波強度の変動傾向を調査しました。これまでに、携帯電話基地局等からの電波ばく露レベル変動を市街地・郊外・地下街における500地点以上で調査し、同一地域における過去(約10年前)の測定結果と比較したところ、電波ばく露レベルが上昇傾向にあるものの電波防護指針より十分に低いレベルであることを明らかにしました。NICTは、2019年度から我が国で初めてとなる電波ばく露レベルの大規模・長期測定を実施しており、電界プローブによる定点測定、携帯型測定器を個人が持つことによる測定、電測車(測定器を搭載した自動車)による広域測定等を組み合わせて、生活環境における電波ばく露レベルのデータを取得しています。

    続きを読む
    プレスリリース

    自動並列化深層学習ミドルウェアRaNNCがPyTorch Annual Hackathon 2021において First Place(第1位)を受賞

    2021年12月6日

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)データ駆動知能システム研究センター(DIRECT)と国立大学法人東京大学(総長: 藤井 輝夫)情報基盤センターが共同で開発した自動並列化深層学習ミドルウェアRaNNC(ランク、Rapid Neural Network Connector)が、PyTorch Annual Hackathon 2021において、First Place(第1位、PyTorch Developer Tools & Libraries部門)を受賞しました。

    続きを読む
    プレスリリース

    令和3年度「生放送字幕番組普及促進助成金」の助成事業の交付先決定について

    2021年12月2日

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)は、令和3年度「生放送字幕番組普及促進助成金」助成事業の交付先を決定しましたので、下記のとおり、その結果をお知らせします。

    続きを読む
    お知らせ

    Beyond 5G研究開発促進事業プログラムディレクター(PD)決定のお知らせ

    2021年11月30日

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)は、Beyond 5G研究開発促進事業の更なる推進に向け、研究開発プログラムを統一的に指導及び監督するプログラムディレクター(PD)候補者を2021年10月11日から2021年11月1日まで公募しました。その結果、2名から応募があり、厳正な選考の結果、下記の者をPDに決定しましたので、お知らせします。

    続きを読む
    お知らせ

    NICTと研究協力、ドイツ人工知能センター(DFKI)のアンドレアス・デンゲル教授が旭日中綬章を受章

    2021年11月25日

    工場無線通信に重点を置いたIoT/AIの研究開発において当機構との間で研究協力覚書を締結しているドイツ人工知能センター(DFKI)のアンドレアス・デンゲル教授※が、令和3年秋の外国人叙勲において、旭日中綬章を受章いたしましたので、お知らせします。

    続きを読む
    お知らせ

    「Highly Cited Researcher 2021」に当機構研究者が選出されました

    2021年11月22日

    クラリベイト・アナリティクス社は、2021年度の「高被引用論文著者(Highly Cited Researchers)」リストを発表し、当機構研究者が選出されました。

    続きを読む

News Listニュース一覧

  • 新着情報
  • プレスリリース
  • お知らせ
  • イベント
  • 受賞

Pick UPサービス・アプリ